ロボット

    更新日:

2020年最新!Amazon輸入ツールはどれを使うべき?(中国輸入ツールについても解説)

Amazon輸入転売を楽観した意識で取り組んでも今の時代、大きく成果を上げることは難しいと思います。

かと言ってAmazon輸入ツールを使えば無条件に成果が上がる訳もなく使い手の意識によるところですがそれでも尚、Amazon輸入ツールは利益を「大きく」する上では必須と考えます。

Amazon輸入ツールと言っても状況に応じて適したツールが異なりますので今回、全ツール工程別にまとめてみました。

「Amazon輸入ツールはどれを使うべきか?」

その答えは人により変わります。

※記事の最後で無料で使えるAmazon輸入ツールを紹介しています。

Amazon輸入ツール「リサーチ」

Amazon輸入ツール 転売

物販の基本である「安く買い高く売る」を実現するには国内外で価格差のある商品を探し当てることが第一です。

ですが価格差だけでは売れませんのでその他、商品ランキングや出品者数等の情報を加え、確度を高める必要があります。

リサーチツールは物販の基礎ですので仕入れる商品を選定する上でどの様な指標が必要か考えて選択してください。

Amazon輸入ツール「画像検索」

Amazon輸入ツール 転売

画像検索の用途は日本語等が対応していない中国圏のサイトから対象とする商品を検索する際に使います。

大まかな手順と致しましては日本のサイトで基準とする画像から検索を掛け同様の画像を中国圏サイトから見つけます。
(主にタオバオとなります)

次に中国圏で見つかった画像から中国内で酷似した画像を複数拾って最も安いサイトを選ぶ感じです。

※有料ツールで画像検索機能が備わっているのを確認できたのはアマトピアとアマテラスだけでしたが他にも存在する可能性があります。

Amazon輸入ツール「刈り取り」

Amazon輸入ツール 転売

通常、国外から割安の商品を仕入れ日本のAmazonで販売する流れが一般的なAmazon輸入となる訳ですがここで言う「刈り取り」とはAmazonから仕入れた商品をAmazonで売ることを指します。

Amazon内で売買が完了することほど合理的なことはありません。

Amazon輸入ツール「出品者分析」

Amazon輸入ツール 転売

出品者を分析する行為もリサーチの一種と言えます。

膨大な商品群から利益に繋がる商品を見つけ出すことより既に成果を上げている他の出品者を分析して模倣することの方が短時間で成果に繋がり且つ楽です。

Amazon輸入ツール「市場分析」

Amazon輸入ツール 転売

リサーチツールを使うにしても当てもなく商品を検索する行為は不毛です。

EC市場には必ず売れ筋やトレンドというものが絶えず発生しているものですのでその傾向を事前に調査した上でリサーチに還元させた方が時間も短く済みます。

Amazon輸入ツール「在庫追跡」

Amazon輸入ツール 転売

利益を生む商品候補を見つけると次はいくつ仕入れるのか判断しなくてはなりません。

通常は、Amazon売れ筋ランキングもしくはモノレート等のツールから個数を推定する訳ですが、それはあくまで推定の域を出ません。

一方、在庫追跡ツールにより特定商品の在庫変動を実数ベースで記録していく方法を取れば仕入個数の判断はより正確性を増します。

Amazon輸入ツール「販売予測」

Amazon輸入ツール 転売

販売予測とは商品ランキングの変動数出品者数の増減により商品の売れる回数を推定するものです。

あくまで推定ですので在庫追跡ツールには正確性で遅れを取りますがそれよりも勝る点は即時性です。

在庫追跡の場合、実数を追う関係から物理的に時間が掛かりますが販売予測ツールの場合、即時に判定が可能です。

モノレートはランキングの変化数により販売数を予測するツールですがアマトピアは在庫追跡機能を応用したビッグデータ解析で販売数を予測しているそうです。

 

正確に販売数を予測したい場合は在庫追跡機能を使う必要がありますがだいたいで十分な場合商品リサーチ機能だけでも販売数を判別できるので便利です。

Amazon輸入ツール「費用計算」

Amazon輸入ツール 転売

市場分析や販売予測の結果売れる(と思われる)商品が定まったとしてもその時点では、利益が出るのかは不明です。

物販には国際送料関税消費税等の費用が発生することを考えるとそれらを計算式に当てはめないことにはまだ仕入れるに値するか判定できないということです。

計算は仕入前に必ず必要です。

Amazon輸入ツール「自動注文」

Amazon輸入ツール 転売

小売から仕入れを行う際時期を図る必要があります。

市場では絶えず価格が変動している為最も安いタイミングで仕入れなければ物販の道理に反します。

しかし、それを人間が行うのは合理的ではありませんのでツールで代替する必要があります。

Amazon輸入ツール「出品補助」

Amazon輸入ツール 転売

Amazonへ商品登録するには出品者SKUから始まりコンディション、販売価格と順番に入力を要求されます。

これでは1品辺り相当の時間を取られますのでこの作業を簡便化する為に出品を補助するツールを使います。

大抵は価格改定をメインとするツールに付随していることが多いです。

Amazon輸入ツール「価格改定」

Amazon輸入ツール 転売

Amazon輸入では商品登録した後は売れるまで放置という訳にはいきません。

顧客が求めるものは第一に価格の安さですので出品した商品に競合する販売者がいる場合価格に手を加えなければどんどん先をこされていきます。

商品を売る為には最適な価格改定が必要となります。

Amazon輸入ツール「追客メール」

Amazon輸入ツール 転売

商品を売る上で他の販売者よりも優位に立つには顧客からの評価は無視できません。

商品を購入してくれた方には評価を依頼するメールを送る方が評価される確率も高くなりますしその結果としてカート取得率も高くなります。

追客メールは、ツールにより自動化できますので使った方が良いです。

Amazon輸入ツール「AmazonSEO対策」

SEO

Amazon内部で検索を行った際どのキーワードが、自分の商品の検索順位を上位にもたらすのか、といったことを調査できるAmazon輸入ツールです。

Amazon輸入ツール「在庫管理」

在庫切れを起こしている商品がないか余剰在庫と思われる商品はないかといった在庫内の管理分析を行ってくれるAmazon輸入ツールです。

Amazon輸入ツール「在庫管理」

Amazonのスポンサープロダクトをはじめとした広告運用に役立つツールです。

売上に講じて費用が上がるところが一般的ですが定額のものもあります。

Amazon輸入ツール「広告運用」

Amazon広告の管理ツールはまだ数が少ないですが以下のようなものがあります。

Amazon輸入ツール「有料 vs 無料」

Amazon輸入ツール 転売

Amazon輸入ツールは有料と無料に分かれています。

有料ツールであるから能力が優れていると一様に断じることはできませんが開発費等の回収を考慮して値付けされていることを考えますとそれに比例して能力は高くなる傾向にあります。

ですが、無料ツールでも良いものは存在していますし経済事情から選択できない場合もあるでしょうから有料無料に分けました。

有料のAmazon輸入ツール

無料のAmazon輸入ツール

Amazon輸入ツール「中国輸入」

Amazon輸入ツール 転売

Amazon輸入と言いますと通常は米国に特化したツールが多いのですが、中には中国輸入仕様に製作されたツールも販売されています。

Amazon輸入ツール「Macintosh & スマートフォン」

Amazon輸入ツール 転売

多くのAmazon輸入ツールはWindows-PCの環境に合わせられていますのでツールを使う際にはWinPCを買った方が早いです。

一方で、MacintoshでもBootCamp,VirtualBoxの環境下であれば使用できるツールがありますのでスマートフォン可のツールと合わせて紹介します。

 

最後に

Amazon輸入ツールはたくさんあります。
どのツールを使えばいいのか
最初はとても迷うかと思います。
まずは、無料ツールを使ってみてください。

以下の記事で
無料で使えるAmazon輸入ツールをまとめましたので
参考にしていただければ幸いです。

Amazon輸入ツールを10つ紹介【すべて無料で使えます!】

 

 


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】