risutosettei1

せどりすとの設定項目を一挙紹介

使い始める前に覚えること

せどりすとの設定項目は

簡易的なものを含め

多岐に渡ります。

最初に各種設定方法の

役割、意味を理解しておくことで

円滑なせどりが実践できますので

この機会に覚えてください。

せどりすとの設定項目一覧

risutosettei2

まず、アイテム判定条件についてですが

検索した商品を仕入れるべきか

どうかの判定を行う為

基準を設定します。

基準を満たした数だけ

リストの星が点灯します。

次に、順位ですが

これは文字通り、アマゾンでの

順位を判定するものです。

粗利という項目は

粗利の計算結果を判定します。

判定には、後述の粗利計算パラメータ

によって計算された値が使われます。

アラート設定は

アイテムの条件設定及び

アラート方法の設定を行います。

バックグラウンドカラーとは

ONに設定すると

アラート条件が成立する

アイテムの背景色を黄色に設定します。

バイブレーションは

バーコード読み取り画面

OCR、手入力での検索時

アラート条件が成立する

アイテムが見つかると

バイブレーションでお知らせします。

アラート成立条件では

アラートが成立する条件を設定します。

(AND条件/OR条件)

粗利計算パラメータは

粗利計算を行なうための

パラメータを設定します。

大口出品者とは

大口出品者の場合設定します。

本設定をONにした場合

成約料100円を原価に加算しません。

FBA使用は

粗利計算のロジックを

FBA対応にさせるかどうかを設定します。

FBA入庫等標準コストは

FBAを使用の場合で

Amazonのセンターへの発送等にかかる

送料等のコストを設定します。

FBA標準容積とは

FBAでの倉庫保管手数料を

計算するための値です。

取り扱っている商品の

一般的な容積を設定して下さい。

FBA在庫滞留想定期間とは

Amazonへ出荷した商品が

売れるまでの想定期間を設定して下さい。

この値により

商品が売れるまでの

倉庫保管手数料を算定します。

送料標準原価とは

自家発送における

商品発送時の標準的な

送料および手数料を設定して下さい。

出品無し時は参考価格で計算は

出品がない場合

参考価格で粗利を計算します。

最安値基準では

最安値の取得先を設定します。

新品せどりを行う場合

「新品のみ」を設定して下さい。

なお、本設定はデータ取得の際に

反映される基準となりますので

設定を変更した場合は必ず

アイテムの再読込が必要になります

(自動的な反映は行われません)

仕入基準原価設定とは

確保したい利益率や利益額

原価などを指定することにより

仕入れる基準となる金額を算出します。

粗利計算に原価として組み入れるとは

粗利計算時に基準原価を

原価として組み入れます。

原価基準は

どのような基準で

原価を算出するかを設定します。

・確保利益率(%)

粗利計算値に対して

何%を利益とするかを設定します。

設定例:100円の粗利商品、利益率80%設定

100 * (100-80)/100 = 20円

・最低利益額(円)

粗利額は考慮せず

最低利益としたい金額を設定します。

算出される基準原価は

粗利計算値から最低利益金額を

引いたものになります(マイナス値あり)

・想定原価(円)

原価のラインとしての金額を設定します。

原価基準値とは

原価基準に対する実際の値を設定します。

原価基準により値の単位は変わります。

タップで詳細情報展開とは

本設定をONにすると

リストアイテムタップ時にセルが拡張し

レビュー情報や出品情報等を

画面遷移すること無く

確認することが可能です。

初期画面は

アプリケーション起動時の

初期画面を設定します。

検索リストフリック動作とは

検索リスト画面のアイテムフリック時

(アイテムをタップしながら

指を左から右にスライドさせる)

に表示されるボタンの操作を設定します。

設定できる値には下記があります。

削除

アイテムを削除します

再検索

アイテムを再検索します。

出品一覧

選択商品のAmazonでの

出品一覧ページを開きます。

購入

選択商品のAmazonでの購入ページを開きます。

出品

選択商品のAmazonでの出品ページを開きます。

仕入リストへ

選択商品を仕入れリストへ移動します。

キーワードフリック動作では

キーワード画面のアイテムフリック時に

表示されるボタンの操作を設定します。

設定項目は検索リストフリック動作と同様です。

仕入リストフリック動作とは

仕入リスト画面の

アイテムフリック時に表示される

ボタンの操作を設定します。

設定項目は検索リストフリック動作と同様です。

メール用添付CSVとは

リストをメールで送る際の

CSVフォーマットを設定できます。

「アイテム情報 」は独自フォーマット

「大量出品用」はAmazonでの

商品インポート用のフォーマットになります。

リストキャッシュとは

アプリ終了時に検索リストの情報を

キャッシュしておくかどうかを設定します。

OFFにした場合

アプリを終了すると

リストの情報はクリアされ

再度起動時はリストが空の状態になります。

起動時リスト再検索では

起動時にリストの商品を全て再検索し

最新の情報を読み込むかどうか設定します。

リストの商品数が多い場合

気道に時間が掛かる場合があります。

なお、リストキャッシュが

ONの場合のみ有効です。

APIを使用するとは

Amazon APIを使用して検索する場合

ONにしてください。

本設定がONで、アクセスキー

シークレットアクセスキー

アソシエイトタグが全て入力されている場合

AmazonAPIを使用して検索を行います。

アクセスキーには

Amazonから提供される

Access Keyを設定してください。

シークレットアクセスキーには

Amazonから提供される

Secret Keyを設定してください。

アソシエイトタグには

Amazonから提供される

アソシエイトタグ、もしくは

任意の文字列を指定してください。

最後に

「せどりすとの設定項目を一挙紹介」

「せどりすと」では

行える作業が多い分
その設定も多岐に渡ります。

事前に各々の意味を理解しておくことも
必要になると思います。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】