輸出ツールベスト10

  • 2016.04.27
  • Amazon輸出ツール
  • Amazon輸出ツールを10つ紹介【すべて無料で使えます!】 はコメントを受け付けていません。

Amazon輸出ツールを10つ紹介【すべて無料で使えます!】

Amazon輸出ビジネスで時間を生む為には
Amazon輸出というビジネスは
他のネットビジネスと比較して
簡単だとという声が多い傾向にあります。

例えば「アフィリエイト」というビジネスでは
他人の商品を「記事」という形で紹介して

その商品が売れることで
その対価として報酬を貰うモデルですので
そこには「文章を書く」スキルが
不可欠となってきます。

では、Amazon輸出に話を戻しますと

アフィリエイトの様に
一から文章をクリエイトするスキル等は
あまり必要とはなりませんので
その面では「簡単」と思えるかもしれませんが

Amazon輸出は収益を上げるまでの工程として
仕入れから発送、販売管理、顧客対応等
作業が多岐に渡りますので
その分、単純に「時間」が必要となります。

では、その「時間」を生む為に
ツールを使うという選択肢が生まれるのですが

Amazon輸出関連のツールには
有料のものだけでなく
「無料」ツールとして有用なものが
数多くリリースされています。

それらのツール
ベスト10として纏めましたので
どうぞ参考にしてください。

  1. モノレート
  2. プライスチェック
  3. Calculator Widget
  4. camelcamelcamel
  5. Auto Price checker
  6. Tジャンパー(TAKEWARI)
  7. Research Maetrto(リサーチマエストロ)
  8. SmaSurf
  9. Amadiff(アマディフ)
  10. べんぞー

 

モノレート

モノレート

モノレートでは
アマゾンマーケットプレイスの価格変動を
グラフで表示することで

現在、Amazonで確認している
商品の価格帯が、過去の相場に対して
適正であるか否かを判別することができます。

つまり、その商品をAmazonへ出品した際に
幾ら位で売れるかの予測が付きますので

仕入れの段階で、幾ら位で購入すれば
概算でどの程度の「利益」を計上するか
事前にシミュレーションが可能となります。

注意点としては
モノレートは完全なものではなく

グラフを構成する「ランキング」は
Amazonのランキングと完全一致している
わけではなく、Amazonが提供する情報から
「推測」して算出しているものとなりますので

完全に鵜呑みにして
購買等に臨むと、失敗に繋がる可能性があります。

 

【関連記事】

プライスチェック

プライスチェック

こちらも「モノレート」に近いサービスで
Amazonの商品価格をグラフ形式で
追うことができますので

仕入れの判断基準に用いることが可能です。

用意されているグラフには3種類あり

  • ランキング変動グラフ
  • 新品価格変動グラフ
  • 中古価格変動グラフ

これらの情報が、最大12か月間に渡り
チェックできますので
視覚からの判断が容易になるのですが

ひとつ注意点として
Amazonでの売買の様子を表す
「ランキング変動グラフ」の情報は

新品、中古と分かれている
「価格変動グラフ」とは違って

新品と中古のランキング情報が
複合的に示されていますので
これだけでは、若干判断が難しくなります。

そこで、先程紹介したモノレートを
組合せて利用することで

「新品」「中古品」の分かれた
在庫出品者数の変動状況を把握できますので

どちらの商品が売れているのかを
より絞り込めます。

複数の無料サービスを
上手に使いこなすことで
不足した機能を補うことが可能ですので
その様なツールの使い方を意識してください。

 

【関連記事】

Calculator Widget

Calculator Widget

こちらはGoogleChromeの拡張機能で
Amazonマーケットプレイスで発生する
煩雑な手数料を、一瞬で表示してくれます。

FBA関連に掛かる
手数料がワンクリックで把握できますので
使い勝手はとても良いものです。

利用手順としましては
ブラウザ右上のアイコンから
手数料を計算するサイトに飛ぶだけですので

難しいことは何一つありません。

camelcamelcamel

camelcamelcamel

camelcamelcamelとは
Amazonの価格推移チェックツール

仕入れをAmazonから行うとした場合に
対象の商品「価格」を追跡するものです。

要するに、仕入れの買い時が分かります。

他にも、便利な機能が搭載されており
Amazonで仕入れたいと考えている商品が
自分の希望価格を「下回った時」にだけ

メールでお知らせしててくれる
アラート機能も備わっています。

更に、これらの設定は
プライスタイプも選択出来ますので
単純に、新品価格の一辺倒ではなく

  • Amazon価格
  • マーケットプレイス(新品)
  • マーケットプレイス(中古品)

といった具合に
3種類の価格設定も可能になるという
仕入れには大変重宝する機能があります。

対応国は、現在9か国であり
日本Amazonでも使うことが可能です。

  • 日本
  • アメリカ
  • カナダ
  • 中国
  • フランス
  • ドイツ
  • イタリア
  • スペイン
  • イギリス

 

【関連記事】

Auto Price checker

Auto Price checker

こちらのツール
自動価格比較に特化した拡張機能です。

ショッピング中に自動的に
他のショッピングサイトを検索し
安い価格順に10件を表示します。

検索対象の8万店以上にも上り
比較対象はAmazonだけでなく

楽天、価格.com等のサイトも対象となりますので
仕入れの選択肢が広がります。

テキストを選択して
右クリックで価格比較。

他にも商品名や型番などのテキストをなぞって
右クリックから「価格比較」選択すると
なぞった文字列での価格比較結果を
表示することができます。

Tジャンパー(TAKEWARI)

Tジャンパー

TAKEWARIとは
Amazonの商品を「全9カ国」で
価格比較することができるサイトなのですが

現在、TAKEWARIの拡張機能が
廃止されていますので
それに代わる拡張機能として登場した
「Tジャンパー」をご紹介します。

このサービスは「価格」の比較だけでなく
送料等も含めた上で価格差を
確認する事ができます。

検索方法に関しましても
「ASIN」コードに留まらず
商品名、ISBNにも対応していますので
汎用性が非常に高いと言えます。

検索後には、商品名を検索すると
その国のAmazonページに遷移しますので
直接、商品内容を確認する事ができ
その場から細かい情報も捕捉可能です。

 

【関連記事】

Research Maetrto(リサーチマエストロ)

リサーチマエストロ

こちらは価格情報や
Amazonランキングに関する情報を
グラフとして閲覧することができる
無料ツールとなります。

サイト構成も非常にシンプルな
作りとなっており
視覚情報として「価格」を捉える面では

モノレート、プライスチェックよりも
優れていると言えるかもしれません。

時間軸の選択肢としては
1週間から3ヶ月までと、やや短いですが

視認性に特化していると認識して利用すれば
「無料」ツールとして良い働きを
してくれると思います。

SmaSurf

SmaSurf

こちらのツール
GoogleChromeの拡張機能です。

この機能を活用することで
Amazon輸出における「商品リサーチ」を
効率化することが可能になります。

効率化に優れた面として
「マウス」操作に特化している点が
挙げられ、クイック検索だけで
様々なことが可能となります。

Amazon商品ページ内にて
商品名をクイック検索することで

様々なネットショップの
最安値をチェックできる上

「ASIN」のクイック検索では
モノレートとの連携も問題なく可能となり
リサーチ作業には大変良い効果を得られます。

 

【関連記事】

Amadiff(アマディフ)

アマディフ

こちらのAmadiffも
GoogleChrome拡張機能の一つですが

導入後に得られる効果として
Amazon内で商品ページを開くだけで

「各国Amazon」の商品価格や
商品ランキングが表示されますので

余計な操作を一切挟むことなく
商品リサーチが行えます。

単純作業が実現することで
商品1つに対するリサーチ時間は
かなり削減され、リサーチの全体数では
相当な時間短縮効果を実感できるでしょう。

べんぞー

べんぞー

こちらの無料ツール
「仕入先」の幅を広げる為に
大きな効果を発揮してくれます。

Amazonを含めた、他のネットショップ

Yahoo!、楽天、その他の専門店等を
幾つかの「ランキング形式」で
まとめて表示してくれますので

仕入先を選択する上では
申し分のない結果を提供してくれます。

仕入先を「Amazon」だけに絞る行為は
他のAmazon輸出実践者と
販売価格の面で、差別化は難しくなりますので

1円でも安く販売する為に
仕入先を開拓していく作業は重要です。

Amazon輸出ツールで無料ものベスト10【まとめ】

まとめ

これまで紹介して参りました
無料のAmazon輸出関連ツールを使うことで

Amazon輸出の作業時間は確実に少なくなります。

使ったことのないツールを触る際
抵抗を感じることは避けられませんが

慣れた先には
自分の有意義な時間に変わりますので

ツールの選択は必ず行いましょう。


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】