Amazon輸出ツール

  • 2016.09.22
  • Amazon輸出ツール
  • Amazon輸出ツールの作業工程別46選【最新版】 はコメントを受け付けていません。

Amazon輸出ツールの作業工程別46選【最新版】

前回の記事では
Amazon輸入ツールについて
纏めて参りましたので
今回はそのAmazon輸出版となります。

Amazon輸入、
Amazon輸出、
果てはAmazonせどりと
共通で使えるツールも多い為
内容的にも被る点が多くなりますが
Amazon輸出では特有の
国内仕入れ関連のものから
アカウント凍結対策まで
全てを網羅致しましたので
自分が必要とする工程別にご覧ください。

Amazon輸出ツール「リサーチ」

Amazon輸出ツール ビジネス

国内外の価格比較を中心とした
リサーチ機能ですが
Amazon内カテゴリからの検索
出品者IDからのアプローチ
「JAPAN-INPORT」の様なキーワード検索
といったバリエーション豊かな
検索方法が搭載されていますので
最も商品候補を選びやすい
ツールを選択することが適切です。

Amazon輸出ツール「画像検索」

Amazon輸出ツール ビジネス

簡便に画像検索を
可能にするツールは重宝します。

文字列検索だけで
商品を追えない場合には
必然的に画像で追うしかなくなりますが
それをURLから一つずつ
Google画像検索に掛けていたら
時間がとても足りません。

Amazon輸出ツール刈り取り

Amazon輸出ツール ビジネス

Amazon内で刈り取りできる
商品がある場合には
そうした方が良いですね。

注意が必要な点としては
新品同士であれば問題ありませんが
コンディションが違ってくる場合
中古品(可)で仕入れても
商品説明をグレードアップして販売すれば
高確率でクレームを受けます。

Amazon輸出ツール「出品者分析」

Amazon輸出ツール ビジネス

気になるライバルがいる場合
出品者分析はとことん行うべきです。

抱える商品を知ることは簡単ですが
そこから思考経過を経て
どの様な戦略の基
自分の販売にフィードバックするのか
頭を使うことが求められるツールですので
使い手によっては無駄金になる可能性もあります。

一長一短なツールです。

Amazon輸出ツール「市場分析」

Amazon輸出ツール ビジネス

顧客が今何を求めているのか
市場を分析することで
得られる情報は幾つもあります。

特にTerapeakは
eBay市場に強みを持つツールですが
それはAmazon輸出にも展開可能であり
何より利用料が安価です。

意外に知られていませんが
アリババ市場からも
仕入れとしての情報収集が可能ですので
日本にとらわれない使い方ができます。

Amazon輸出ツール「在庫追跡」

Amazon輸出ツール ビジネス

気になる商品が見つかれば
まず在庫追跡を初めて
仕入れへの準備を開始するべきです。

販売予測ツールでも
十分精度の高い仕入れは
実現できますが
より慎重を期すなら在庫追跡の方が
良い結果に繋がります。

また、何も1か月間稼働させることが
絶対条件ではなく
1週間の実数から拡大解釈して
1か月間の販売数を予測する
といった使い方も一つあります。

Amazon輸出ツール「販売予測」

Amazon輸出ツール ビジネス

ここで紹介する
販売予測ツールは
どちらもフリーですので
費用計算と共に
必ず工程に組み込むべきです。

特にモノレートはその典型ですが
単純にランキング変動を
イコール予想販売数と解釈するのではなく
その際の販売価格も見る様にしましょう。

現在の仕入相場から鑑みると
全く参考にならない場合もあります。

Amazon輸出ツール「費用計算」

Amazon輸出ツール ビジネス

仕入対象の商品から
見込利益を考える際に
費用の観点が抜けていれば
全く意味がなくなります。

Amazon販売手数料
FBA配送,保管手数料等は
勿論のことですが
他にも国内外送料、関税消費税
梱包費用、代行手数料という具合に
考えるべき費用は幾つもあります。

Amazon輸出ツール「仕入」

Amazon輸出ツール ビジネス

ここではAmazon輸出ツールではなく
卸問屋からの国内仕入れを扱いますが
現在、ネットショップ等からの
小売仕入れを考えている場合
利益率を改善できる可能性があります。

一般に公開された場ですので
独自に交渉を重ねて得た
取引先とは比べるべくもありませんが
それでも確認する余地はあります。

Amazon輸出ツール「自動注文」

Amazon輸出ツール ビジネス

自動注文ツールは
特に品薄状態の続く
人気商品、限定商品等の
仕入れを検討する場合には
非常に役に立ちます。

無料且つ
サイトへの巡回頻度を
任意に指定できるツールが
多いので仕入れが捗るかと思います。

Eメールの通知機能を使いましょう。

Amazon輸出ツール「出品補助」

Amazon輸出ツール ビジネス

Amazonへの出品作業は
誰がやっても変わりありませんので
真っ先にツールで代替するべき工程です。

特に既存商品への出品は
外注化の必要性も感じません。

商品管理機能に長けた
ツールを使って効率化を図ってください。

Amazon輸出ツール「価格改定」

Amazon輸出ツール ビジネス

Amazon輸出での価格改定は
特にツールの必要性を感じる分野です。

求める機能に関しましては必要最低限
カート(最安)価格+α
セイフティの設定
仕入先在庫との連携
トータルコストの自動計算
等があれば良いかと思います。

Amazon輸出ツール「追客メール」

Amazon輸出ツール ビジネス

商品が売れた後は
顧客へのフォローと同時に
出品者評価を依頼します。

ここは通常
依頼しなければ
全くと言っていいほど
評価されない部分ですので
追客メールは必須と言えます。

セラーセントラルのメッセージ管理からではなく
追客メールツールで自動化してください。

Amazon輸出ツール「在庫管理」

在庫切れを起こしている商品がないか
余剰在庫と思われる商品はないかといった
在庫内の管理分析を行ってくれる
Amazon輸出ツールです。

Amazon輸出ツール「アカウント凍結」

Amazon輸出ツール ビジネス

アカウント凍結対策として
権利侵害の可能性がある商品を
事前に排除します。

商品選定の段階で
選り分ける行為は
事前策としてはとても有効です。

主にJANコードから
その作業を行いますので
JANコードが取得できるツールも
対象に加えております。

Amazon輸出ツール「有料 vs 無料」

Amazon輸出ツール ビジネス

Amazon輸出ツールを選ぶ際
有料であるか無料であるかは
選ぶ者にとっては重要な要素である為
有料と無料でツールを分けております。

ですが、有料無料が
能力の多寡には単純に
結びつくことはありませんので
あくまでも機能面で判断した方が良いです。

以下がそのツール一覧となります。

有料のAmazon輸出ツール

無料のAmazon輸出ツール

Amazon輸出ツール「Macintosh & スマートフォン」

Amazon輸出ツール ビジネス

一部ですが
Macintoshとスマートフォンに
対応しているAmazon輸出ツールも
存在しておりますので
参考になさってください。

ですが、スマートフォンに関しましては
せどりとは違ってビーム等を
行う為のツールではありませんので
PCからの利用が好ましいです。


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】