tada1

  • 2016.02.25
  • Amazon輸出ツール
  • amazon輸出ツールは無料で済ませるべきか? はコメントを受け付けていません。

amazon輸出ツールは無料で済ませるべきか?

良いAmazon無料ツール

Amazon輸出において
良いとされるツールは
数多くリリースされています。

「モノレート」や「プライスチェック」
他にも「KUROFUNE」、「SmaSurf」
「Tジャンパー(TAKEWARI)」など

挙げればいくらでも出てきます。

今、挙げたAmazon関連ツールは
無料の域を抜けたものばかりですので

他にも無料で、良いAmazon輸出ツールが
存在していると考える発想は
ごくごく自然だと言えます。

ですが、それと
全て無料ツールで済ませようと
考える行為は全く別物です。

無料ツールの限界

tada2

そうは言いましても
無料のものが、有料のものに
勝つということは
そう多くあるはずがありません。

良いツールを開発するには
当然、それ相応のお金が掛かりますので

その対価として使用料を
要求されることは当然です。

むしろ、そうでなければ
良いものが生まれるはずもありません。

Amazon輸出に臨む
安定した利益を得られない層は
「無料ツールに固執」する傾向があります。

利益が安定しない為
ツールにまで回す費用がないという
理屈は分かりますが

それで何年も同じ場所に留まるという
負の循環が発生しては
元も子もありませんので

その層からは決別する勇気が必要です。

無料ツールが悪いわけではありません。

無料ツールだけに固執することが
結局は自分の首を絞めることになりますので
有料ツールにも目を向けましょう。

Amazon輸出有料ツールの選定ポイント

有料ツールには
1か月毎に継続課金されるタイプの物と
買切型のツールがあります。

「月額課金型」の場合は
高機能の物が比較的多く

バージョンアップやサポート対応が
充実しているのがよい所なのですが

1万円前後の物が多いので
価格と機能が自分に本当にあっているか
確認できないと心配ですよね。

ですので、無料使用期間の
ついている物がオススメです。

「買取型」のツールの場合は
自分の必要なデータが取得できるかを
良く検討してから購入する事をお勧めします。

特に価格差を取得してくるツールの場合は
送料の取得が不可能なツールの場合
ゴミと化す恐れがあります。

また、取得件数に制限があり

少ないデータしか取れない物や
データ取得に時間がかかりすぎてしまう
ツールもあまりお勧めできないです。

ツールはあくまでも道具なので
使う人次第だと思います。

全ての機能を兼ね備えたソフトは
中々ないと思いますので

色んなツールを複合して使ってみたり
自分なりの使い方を研究していきましょう。

最後に

「amazon輸出ツールは無料で済ませるべきか?」

ツールは無料に越したことはありませんが
それでも限界はあります。

その決断が足かせとなっては
本末転倒ですので

ツールで目指すべきものを考えてください。


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】