resachi1

  • 2016.03.21
  • Amazon輸出ツール
  • amazon輸出でリサーチツールを使う前に はコメントを受け付けていません。

amazon輸出でリサーチツールを使う前に

Amazon輸出の激化

現在のAmazon輸出市場は
飽和という言葉が見え隠れするほど
認知度も高くなってきています。

実際に飽和しているかは別として
Amazon輸出への参入者が

年々増えてきていることは事実ですので
当然、競争は強いられます。

人気の高い商品
価格差が有り、回転率の高い商品等は
競争が激化しています。

主にリサーチツールを使用するとした場合
この手の商品が検索に掛かるのは
目に見えますので

他者との差別化を図る上でも
一度、リサーチツールを使う「前」に
考えてみましょう。

ライバルとの差別化

resachi2

使い易いリサーチツールには
ユーザが多く集まります。

それぞれのリサーチツールには
特性が有り、強みがあります。

決して安い買い物ではありませんので
商品説明文に深く目を通します。

その上で購入されます。

商品説明文には
強みとなるAmazon商品カテゴリ
検索のポイントなど

懇切丁寧に、売りが列挙されています。

多くのユーザが、そのポイントを頭に入れ
リサーチに臨む為自然と狙う商品は
酷似してきてしまいます。

これは上で説明した
競争激化に繋がる大きな問題です。

Amazon輸出市場の購入者目線

あくまでAmazon輸出ですので
消費者となり得る多くは
日本人ではありません。

そこに注目してみましょう。

海外の人間が、敢えて
日本人の出品者から購入する理由は
日本商品に限ります。

ですので、「JAPAN」というキーワードで
商品を探す画が想像できます。

更に、日本の商品でも
日本人しか扱っていないことを望めば

「Japan impot」というキーワードが出てきます。

この様に、想像を深くしていき
Amazon輸出市場で顧客が望む商品を
考えていきましょう。

「連想ゲーム」の要領です。

リサーチツールを使う前に
この視点が抜けていれば意味がありませんので

この作業は徹底的に繰り返しましょう。

実際に売れる商品であるかを判別する

リサーチツールにお金を掛けずとも
Amazon輸出市場にて需要のある
商品を探す方法は上で述べた通りです。

ここからは、幾つかの候補となる
商品が見つかったところからのお話です。

「JAPAN」関連のキーワードにより
複数の商品が見つかったとはいえ

実際に売れる要素が全くなければ
その商品を扱うべきではありません。

その判別に用いる要素が
Amazonランキング、競合セラーの確認です。

Amazonランキングを確認する意味としては
Amazon内で商品の売買が発生すると

このランキングが変動する特性を利用して
特定期間の間に、どれだけその商品が
売れていったかを判断することができます。

利用するサービスは「モノレート」です。

勿論、完全な売買データが
得られるわけではありませんから
参考程度に留めるべきではありますが

Amazon輸出を行う者で
このサービスの情報をないがしろにする
様な人間はいませんので

確実に、覚えておいて損のないサービスです。

キーワードからのリサーチ方法と
ランキングからの選り分け方法の組合せにより

扱うべき商材(商品)というものが
少なからず見えてきますので

地味な作業となりますが繰り返してください。

最後に

「amazon輸出でリサーチツールを使う前に」

Amazon輸出で利益を出すには
もはやリサーチツールは必需品とも言えますが

ツールを使う前の心得を知っておくことも
重要なことです。


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】