free20

  • 2016.01.29
  • Amazon輸出ツール
  • amazonツールの無料で使える5選 はコメントを受け付けていません。

amazonツールの無料で使える5選

KUROFUNE

kurofune

Amazon輸出入を行う方の多くは
一度は「KUROFUNE」の名を聞いたことが
あるかと思います。

それ程にKUROFUNEは
無料ツールの中の筆頭と言えます。

KUROFUNEの強みですが
それは作業の自動化にあります。

例えば、在庫を持たない
無在庫による販売手法を取る場合

有在庫に対する強みとして
出品点数を、数万点程に拡大するものですが

その全ての値動きや、在庫切れ等の管理を
自分一人で行うのは不可能です。

そこでKUROFUNEの出番となるわけですが
まず、商品データの取得を自動化します。

こちらは、出品商品のASINを管理しておくだけで
後は、自動で手数料を含めた
Amazon商品価格等を更新してくれます。

手数料の計算も自動です。

Amazonへの出品を1クリックのみで完結です。

価格の動きにも、鋭敏な反応を見せ
自身で設定した利益を確保するべく
それに合わせ、価格の調整を行います。

 

【関連記事】

amazomix.jp

こちらは、各国Amazonの
売価を比較することができる無料ツールです。

Amazon輸出入の
どちらともに対応可能であり
APIを使用して稼働します。

AmazonAPIには、利用制限がある為
1度に10件までしかデータ取得できないのですが

無料にも関わらず、あらゆるカテゴリに対応し
ソート方法も、売れている順や
価格の安い順など充実しています。

無料ベータ版としての扱いですので
いつまで使えるかは分かりませんが
お勧めのAmazon無料ツールと言えます。

グーグルプロダクトサーチ

products3

別名Googleショッピングと呼ばれる
Google提供の商品検索サービスです。

勿論、無料で使えます。

ツール内からキーワード検索を行うと
複数のオンラインショップから

それぞれ該当する商品の情報が収集され
検索結果として一覧表示ができます。

各商品の写真や商品価格を
簡単に見比べる事が可能となりますので
大変便利な無料ツールと言えますね。

 

【関連記事】

TAKEWARI

TAKEWARIと言えば
余りにも有名なツールと思われますが
実際、TAKEWARIで何ができるのでしょうか。

主な使い方として
認知されている機能は
各国に存在するAmazon間にて
同じ商品の価格がどの程度違うのか。

簡単に言えば、日本のAmazonから仕入れた場合
アメリカのAmazonでは幾らで売れるのかという
価格差を把握することができるツールです。

この機能しか使えないと
思われている方が多いと思いますが

他にも、商品の販売傾向を掴むという
使い方もこのツールでは可能です。

ランキングをグラフ形式にて
閲覧することができまして

ランキングが切り返しているポイントに
視点を置くことで、そのポイントで
商品が売買されている可能性が高い為

結果として、「月に何個」位売れる商品
なのかということが分かります。

 

【関連記事】

モノレート

こちらは先程紹介しました
TAKEWARIのランキングに注視した
使い方の本丸の様なツールです。

正直、販売傾向を掴む能力では
モノレートに及ぶツールはないでしょう。

過去のトレンドを精査することで
商品相場が現在、高く評価されているのか
低く見積もられているのかという
かなり正確な判断ができます。

閲覧期間も相当遡って
確認できますので

プライスチェックと違い
判断に迷うことが少なくなると
思われます。

たまたま、安く叩き売られている
商品の場合、その値段で販売しても
反応がないことは往々にしてありますので

データはより多く入手して
その様な事態を避けることに役立てましょう。

 

【関連記事】

最後に

「amazonツールの無料で使える5選」

無料で使えるツールばかりですが

ここで紹介したものは
きっとあなたのお役に立てるものばかりです。

是非、参考にしてみてください。


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】