• 2016.09.24
  • Amazon輸出ツール
  • Amazon輸出ツールを前提とするネガティブ解消法 はコメントを受け付けていません。

Amazon輸出ツールを前提とするネガティブ解消法

過去執筆した記事の中から
ネガティブな内容を題材にした
記事を纏めて参ります。

売れない
儲からない
という様な問題は
Amazon輸出ビジネスを
実践されている方であれば
絶えず直面している問題であると
思われますので
それらの問題を
Amazon輸出ツール
使うことを前提
解決を目指していきます。

補足と致しまして
過去記事内でも言及しておりますが
Amazon輸出ツール
絶対的な位置にあるのではなく
あくまで、それを使う人間の
問題を解消するという意識が
前提としてあった上での
Amazon輸出ツールという順番になります。

Amazon輸出ツールは専門特化品がお勧め

Amazon輸出ツール

Amazon輸出において
作業工程別に求められる
Amazon輸出ツール種類は変わってきます。

総合的に各工程作業を
カバーしている類の
Amazon輸出ツール
存在していますが
持論と致しましては
リサーチならリサーチに特化して
開発されたAmazon輸出ツールの方が
利用者の視点に立っている印象があります。

競合販売者数 vs 予想販売数

商品を計画通り売る為には
売れると判断するに至った
各指標を仕入れる以前に
念入りに調査することが重要です。

参照可能な指標は幾つかありますが
その中でも特に
競合販売者数を判断する指針と
月に売れるであろう
予想販売数を照らし合わせて考え
より高度に仕入数量を決定することが
Amazon輸出販売者には求められます。

この作業に必要なツール
無料版であればモノレートとなりますので
適切な使い方を把握しておくことも
調査以前に必要です。

また、人気ツール
ユーザ数の多寡から発生する
商品重複リスク
ツールによって懸念される
問題の一つですので
大衆とは派生した独自の使い方も
時には必要となります。

Amazon輸出で利益を上げる要因は学習に有り

上述致しました
商品重複リスクの問題と
共通することですが
Amazon輸出ツール
コレクションにするかの様に
買い漁っている方には
一度、ストップを掛けたいです。

大きく長く利益を上げている方を
例に見てみますと
数の比率で言えば
それらの方は少数派と言えますので
大衆とは一線を画した
独自の指針を持っていると思われます。

それが表に出てこないから
難しくもあるのですが
まずは、ツールに依存する姿勢から
常に学び続ける考え方に
シフトしていった方が
結果として近道となるでしょう。

物販業の基本に立ち返り
徹底した顧客の趣向
深堀りして調査していくことが
売れない要因の解決に繋がります。

Amazonアカウント凍結対策法

Amazon輸出での
リスクの一つに
アカウントの凍結があります。

停止についても広く言及されますが
厳密には停止と凍結は異なり
凍結状態からの原状回復は
まず不可能となります。

ですので凍結への対策は
事前策として念入りに行うことが
重要となる訳ですが
一案としてツールによる
リスクヘッジ法が存在します。

凍結の要因として
多く聞くのが権利侵害関連の
問題ですので、クレームが入る余地を
少しでも減らす為に
商品選定の段階から
対策を取ってしまおうというものです。

具合的にはJANによる
選り分けが方策となりますので
上記リンク先から参考にしてください。

Amazon輸出での仕入原価を徹底して抑える

Amazon輸出ツール

儲けが出ない原因の割合は
仕入工程に集中しています。

要は商品選定が鍵となる訳ですが
売れる商品の判別は勿論のこと
仕入原価を極力抑える上で
仕入先の選定がまたポイントとなります。

ここは計算式で表すと
売上原価(仕入原価)を抑えることで
利益を底上げするという考え方です。

仕入先として言及しているのは
卸売問屋等の流通ですが
そこに行き着くまでの方法が
分からないことに問題があると考えますので
Amazon輸出ツールを使って
卸売問屋まで辿る方法を解説します。

Amazon輸出「Office Products」による実例

卸売交渉の前段階として
その候補になり得る商品群を
見つけなくてはならない訳ですが
ツールを使うにしても
Amazonにおけるカテゴリを絞る必要があります。

ここではFBAとして扱いやすい
「Office Products」を例に挙げて
解説しておりますが
全く別のカテゴリでも構いませんので
実務に落とし込んで考えてください。

小売仕入からでも利益を出せるのがAmazon輸出ツール

Amazon輸出ツールにて
商品候補を洗い出し
そのまま卸売交渉に持っていくことが
理想ではありますが
商品カテゴリによっては
小売からだけでも
十分に利益を生みやすい商品があります。

「Office Products」も
当然その一つとなる訳ですが
他にも「Video Games」「Music」
小型且つクレームに発展しにくい様な
カテゴリから選定していっても良いです。

実際に検索した肌感覚としては
粗利率30,40%超えといった
商品が多く見つかる印象です。

Amazon輸出ツールでの条件フィルタリング例

Amazon輸出ツールから
商品候補を拾い上げた後は
更に条件を絞っていきます。

この作業は具体的に
ツールからCSV形式で出力後
フィルタ機能等で厳選していきます。

まず理想は日本に在庫がない商品です。

検索前は、中々条件に合う
商品はないかと考えていましたが
検索母数を1万,2万と広げて行えば
結構な数が抽出できます。

また、各工程での諸費用を鑑みて
海外での販売価格にも
最低条件を設けるべきです。

$20 ~ $30といった
海外販売価格が適当かと思います。

Amazon輸出ブランドリスト100例からEメール交渉

実際に検索して見つかった
「Office Products」での
ブランドリスト100例を公開しています。

そのまま活用して頂いても構いません。

優先順位と致しましては
メジャーな所は既に多くの方が
手を出していますので
「Pilot」よりも「Kuretake」
狙っていく感じです。

候補をある程度順位付けした後は
Eメールを中心に交渉していきます。

その際、成約率を高める
テンプレートの作成法も公開していますので
参考にしてください。

Amazon輸出ツール工程別総括

Amazon輸出ツール

Amazon輸出販売での
現状を良くする方法には
多くのケースでAmazon輸出ツール
絡んで参りますので
ここでAmazon輸出ツール全商品
纏めた一覧を公開します。

Amazon輸出というビジネスが
各工程に分かれている以上
それに特化したAmazon輸出ツール
選ぶことが重要であると
先ほど申し上げた通りです。

工程別の一覧を以下に記します。

 

ここで紹介している
全てのAmazon輸出ツールに対し
レビュー記事をリンクさせていますので
気になるツールから
順次参照してくださいませ。

※この一覧は今後も追加していく予定です。


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】