rank 1

  • 2016.02.01
  • Amazon輸出ツール
  • アマゾンツールのランキングを一挙公開【輸出編】 はコメントを受け付けていません。

アマゾンツールのランキングを一挙公開【輸出編】

アマゾンツールをランキング化

アマゾンのプラットフォームを利用して
ビジネスを展開する上で
どのアマゾンツールを使うべきなのか。

ツールの担うポイントは
如何に、自身のビジネスを
円滑にできるか、時短できるかに
関連してくると思いますので
個人的にランキング化した
アマゾンツールの一覧を発表します。

第1位 せどりユニバーサルPro

sedori universal

まず、買切り型のアマゾンツールであれば
このツールが挙がります。

アマゾン輸出入ビジネスを行う上で
全8か国への対応範囲は評価できます。

主要な各国アマゾンはほぼカバーしています。

商品コンディションに合わせた
自動価格改定が可能である点や
売上分析機能による、利益のパフォーマンス改善
など、デメリットを探す方が難しいです。

 

【関連記事】

第2位 プライスター

pricetar

商品管理系のアマゾンツールでは
プライスターの右に出るものはありません。

毎日行う、出品作業が考慮され
操作感には、極力無駄を排除していますので
使いやすさには問題がありません。

価格改定作業も
1クリックのみでできます。

出品作業中に、多少固まることがありますが
その部分は大目にみてください。

 

【関連記事】

第3位 RezooX

RezooX

アマゾンのリサーチ系ツールで
この名前を知らない方は少ないでしょう。

リサーチ能力の重要性として
まず挙げられる面はスピードです。

一般的なツールでは
1時間に数十品というものがざらですが
RezooXの検索速度はその様な比ではありません。

稼働環境も軽快ですのでストレスフリーです。

更に、リサーチ機能に留まらず
一括出品機能も搭載されていますので
見つけた後、そのまま出品が可能です。

 

【関連記事】

第4位 米国版せどりアナライザー

sedori analyze

こちらはアマゾンツールの中でも
特異な部類となっておりまして
ライバルせどらーの動向分析を可能とします。

まず、自身のレベルを上げる為には
良き出品者の模倣が最も効果的ですので
仕入れた商品や売れた商品
売上、回転率まで全て丸裸にしましょう。

そこから分かることは色々あります。

 

【関連記事】

第5位 サヤ取りグローバルせどらーⅡ 世界制覇 完全版

global sedora

最後にご紹介するのが
こちらのアマゾンツールとなります。

アマゾン輸出入を実践する方にとっては
良きパートナーとなり得る
全8か国アマゾン対応型のツールです。

日本と米国に限定した
取引に限定する必要はありませんので
このツールの特性を活かし
イギリスから米国など
様々な方向から、アマゾン輸出入を行いましょう。

サポートが充実している点も評価できます。

 

【関連記事】

最後に

「アマゾンツールのランキングを一挙公開【輸出編】」

あなたが検討していたツールは
ランキングにあったでしょうか。

この記事を参考にしていただけると幸いです。


コメントは利用できません。

関連記事


Aamzon輸出ツールランキング【管理人によるランキング】